人気ブログランキング |
ブログトップ

Life is "Gold dust"!

タグ:藝術 ( 5 ) タグの人気記事

池田重子コレクション「日本のおしゃれ展」&ご招待のお知らせ

着物コレクターとして有名な池田重子先生のコレクション、
第九回「日本のおしゃれ展」が~2011年01月17日(月)まで松屋銀座にて開催中です!
c0138928_1321568.jpg

c0138928_1331783.jpg

c0138928_1362991.jpg


池田重子先生のコレクションは芸術品のようです!

明治・大正・昭和初期に、すばらしき日本の技と感覚・素材・精神を集結して生み出されたお着物、半襟、帯、帯留めなどが披露される貴重な機会です。

日本人なら、そして日本女性なら必見の機会かと存じます。

新春を寿いで是非お出かけになりませんか?

このたび、池田重子先生と池田重子コレクション社長のご好意にて
ご招待券を頂戴しておりますのでご興味ある方はぜひ仰ってください。
(手元に無くなった時点で終了とさせて頂きます。ご容赦くださいませ。)
by adorable_mk | 2011-01-10 01:44 | きもの関連

gREAT mASTERS -Part 2-

c0138928_12261674.jpg
くろの動物は何だろうー? 鳥さん? それとも想像上の動物かな?
c0138928_12283538.jpg
"おかしのいえ"。
テーブルの上に並ぶ色とりどりのケーキ♪ペットボトルのキャップで作っているんですね♪

c0138928_12302985.jpgこれもペットボトルで作った
BAG。

フェルトでつけれた色合いが可愛いー! 夏にこんなBAG持ちたいな♪

こどもの創造力ってすごい。

現代アートを良く観にいきますが、好きになれずに帰ってくることも多々。

わたしにとっては、うきうき嬉しい楽しい気持ちをくれる子供ちゃん達が芸術家ですー。笑

千代田区の低学年の小学生の作品。ハイテク&都内NO.1といわれる千代田図書館のあるビル@千代田区役所の1階で開催してました。
by adorable_mk | 2010-02-27 12:37 | 藝術

gREAT mASTERS oF aRT -ちいさな芸術家たち-

c0138928_12165533.jpg
ちいさな芸術家さんの作品に、こころがワクワク♪
子供ちゃんの作品のすごさって・・・「何にも囚われてない」ところ。
人から評価されようとか、綺麗にまとめようという考えがない→のびやかで、個性的で、たのしい。
うきうきする気持ちがこちらにまで伝わってきます。すばらしい藝術!
by adorable_mk | 2010-02-27 12:24 | 藝術

ピエール・ガニェール氏来日

いまフランスからピエール・ガニェール氏が来日しています!!
c0138928_0561785.jpg

というわけで
今日16日は「ピエール・ガニェール・ア・東京」にお邪魔してきます♪

また写真Updateしまーす。
by adorable_mk | 2008-07-16 00:56 | 味わう

魂と肉体の結合 -William Blake-


今夜、ふと思い出したのは
今年8月、スコットランド国立美術館で出逢った"William Blake"。

c0138928_24225.jpg

"The Reunion of the Soul and the Body"(魂と肉体の再結合) -William Blake-

繊細な細い線で描かれた絵には、以下の詩が加えられています。

The body springs from the Grave,
the soul descends from an opening cloud;
they rush together with inconceivable energy;
they meet, never again to part!


‐和訳‐
肉体は墓場より抜け出て
魂は雲の晴れ間から降り立つ
彼らは想像を超えるほどのエネルギーにより一体となる。
彼らは出逢い、二度と離れることはない


この絵を見て、
この詞を読んで、どんなことを思いますか?

私の視点はかなりズレているのかもしれませんが、
生きている人生の中でお別れした人を想い出しました。

現実の世界では、二度と出逢うことが叶わなくても
お互いに相手を想っていれば
その気持ちがどこかで結合しているのではないかな?って思ったり。

National Galleries of Scotland(スコットランド国立美術館)

c0138928_2551281.jpg首都エディンバラの中心地にある美術館。
こじんまりとした美術館ですが、所蔵する作品は傑作揃い! 

私的にはイギリス・ロンドンのどの美術館よりも質が高いと思っています。

特別企画展のセンスも最高!
2007年は上記のWilliam Blake と Andy WarholのSpecial Exhibitionを観ることができました。もちろん入館料は無料!(特別企画展のみ入場料必要。)

←Sir Henry Raeburnの名画"The skating minister"もこちらに。
by adorable_mk | 2007-11-30 02:59 | 藝術

はじめまして♪外資PRの経験を活かし、現在フリーランス。Branding, PR, Designを中心に活動させて頂く。神楽坂在住。出逢えた素敵な場所、ひと、もの、想い。などなどを綴ります