ブログトップ

Life is "Gold dust"!

タグ:和食 ( 5 ) タグの人気記事

謹賀新年 平成28年正月

新年あけましておめでとうございます。
c0138928_19260324.jpg
本年も地球と皆様のご健康・ご多幸をお祈りいたします。

平成28年正月


c0138928_19292461.jpg
写真は丹精こめて作ったおせち料理。すこしづつ祖母・母に近づけるかな?
c0138928_19294213.jpg
c0138928_19293316.jpg
c0138928_19294753.jpg




by adorable_mk | 2016-01-14 19:35 | 味わう

日本のおすし

c0138928_21143237.jpg

江戸時代の御鮨は外の屋台で売られていたとか。
いまより大振りのサイズにて、海で取れたばかりの鮮魚をさっと食べれてお腹いっぱいになるものだったと聞きました。

何はともあれ、日本人なら大好きな御鮨。

ご近所のお鮨屋さんのカウンターに座って、
大将のお顔見ながら、心意気をいただける愉しみ。

今日、ひとりでちらし寿司を作ってみました。

お誕生日やお祝いのとき、我が家でもよく頂いていた"ちらし寿司"。

大きな飯台を洗い、日干し。
具になる油揚げ、にんじん、しいたけ、さやえんどうを細かく刻む。
三杯酢をつくる。

ひとりだと、
ご飯をお釜から飯台に移すのも、
炊き立てのご飯に御酢をまぶしつつ団扇で扇ぎつけるのも
とっても大変~。

奮闘の上、ようやく完成した"ちらし寿司"。

豪華な材料はひとつも使っていないのに、じんわりする美味しさでした。

晴れの日のお料理の"ちらし寿司"。

きっと日本人は
お料理にかけるこころと、
食材へのこの細やかな手間ひまをご馳走としたのですね。
by adorable_mk | 2012-06-22 21:25 | 味わう

Like jewel box

蓋を開けると・・・
c0138928_2046227.jpg

きれいに詰められた日本の至宝みたいに。

丁寧かつ美味しすぎる、うつくしい玉手箱のようなお寿司。
食べても食べてもネタがどんどん出てきます。神業!
吉野寿司さん@松見坂。
by adorable_mk | 2011-11-27 20:49 | 味わう

夏のお蕎麦 -椿山荘 無茶庵-

c0138928_1991559.jpg毎日暑いですね!
緑深い場所をこころから求めているので、近場の椿山荘&Four Seasons Hotel椿山荘東京にてごまかそう!という日々でした。

ここは椿山荘庭園の中にある「無茶庵」です。

2万坪の庭園内に「料亭錦水」、「石焼会席 木春堂」など3つの離れがありますが、
お食事処としては最も高台に位置するのが「無茶庵」。ひときわ緑が深くて落ち着ける場所。

この日は1日20食の「十割そば」を3種類頂きました。
コシがあり蕎麦の香り高く、美味しかったです。
銀座の田中屋さんよりもこちらの方が好みです。お蕎麦なら三合庵さんも好きです。
でもこんな空間で食べれるのは、やっぱりここならでは。
窓の外一面に広がる緑と滝の音を聞きながら、時間の流れがゆっくりと。

こちらの建物は室町時代に立てられた旅館の柱などをそのまま使用しているとのこと。
こじんまりとした窓際には御簾がかけられてあり、箱根の富士屋ホテルのメインダイニングを思い出しました。
c0138928_1916236.jpg

椿山荘 無茶庵
Tel:03-3943-5489
昼 平 日 / 11:30~15:30 (土日祝 / 11:30~16:00)
夜17:00~21:00

by adorable_mk | 2009-06-29 19:38 | 味わう

小京都で秋のお鍋 - 神楽坂 別亭鳥茶屋 -

c0138928_1805066.jpg

秋深まる東京。

10月10日、
神楽坂の裏路地にある
『別亭鳥茶屋』へ。

ここは
関西料理、うどん会席の
お店です。

この裏路地、
通称 ”芸者小道”。

昔、芸者さんがお座敷に出る前に通ったことからこの名前がつきました。


神楽坂を味わうには
欠かせない裏路地の一つです。


久しぶりに頂く鳥茶屋名物の”うどんすき”。この手打ちで作られる”うどんすき”、
伊達に50年も続いていない!さすが!と思わせる逸品かと。見た目はどこにでもありそうな、お鍋。しかし、この味はここにしかない!!美味しい!!

おうどんの太さは、はじめて見た方は驚嘆の声をあげるであろう、幅2cm×太さ1cmの極太!!

このおうどんを、大きなお鍋にて、これまた美味しい具材とともにぐつぐつ煮ます♪
c0138928_1815194.jpg

那須産の地鶏、湯葉、ハマグリ・・・&その他季節のお野菜たっぷりのお鍋。
(*ちなみに写真は3人分の”うどんすき”)

お出汁(割り下)が上品なお味。天然の利尻昆布と、最高級の鰹節がふんだんに使われ、
透明なお出汁。---煮込んだ”うどんすき”はモチモチの食感&お出汁がよく浸み込んで、
思いのほか多く食べてしまうこと請け合いです♪

c0138928_1821319.jpg
この日は、
扇コース【¥7500】をお願いしたので、
うどんすきの前に、

・先付
・八寸
・特上 お刺身
・焼物
・中皿
・煮物
・酢物

を頂き、

その上、この大量の”うどんすき”が出てくる・・・といった流れです。


あまりにおなかが一杯で食べれないか??と思いましたが、その美味しさにやはり食べだすと顔はほころんでしまいます♪女性同士だったら、月コース¥5500で十分満足されると思います。

秋の夕暮れ、
神楽坂の裏路地を散策しながら、数寄屋造りの日本家屋でおうどんを。

なかなか風情があっておすすめです♪

【別亭鳥茶屋】
新宿区神楽坂3-6 (芸者小道)
TEL:03(3260)6661
URL:http://www.bolanet.ne.jp/torijaya/index.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
この日は10名の個室”光悦”(2階奥の間)を貸切り、当日父のBirthdayに合わせて日取りを決めた妹の結納の儀式をし、その後、コース料理、そして父のBDをしました♪
光悦のお部屋には、床の間、窓の外には小さいながらも日本庭園があり、一番落ち着けるお部屋かと思います♪事前に予約をさせていただけば、鳥茶屋さんは個室料金がかからないので、お集まりの席には最適かと思います
c0138928_202478.jpg


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by adorable_mk | 2007-10-10 19:00 | 味わう

はじめまして♪外資PRの経験を活かし、現在フリーランス。Branding, PR, Designを中心に活動させて頂く。神楽坂在住。出逢えた素敵な場所、ひと、もの、想い。などなどを綴ります