人気ブログランキング |
ブログトップ

Life is "Gold dust"!

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Dreams came true. -Happy vibes from London-

c0138928_1333178.jpg
ロンドンで住まわせて頂いていたお家の持ち主:Ianより
「今年もクリスマスマーケット開催するからおいでよ!」とのお誘い。
c0138928_1371143.jpg

Eastcote Christmas Market & Fair 2011 
Sunday 4th December 2011

ロンドンの中心地からTube(地下鉄)Metropolitan lineに乗り20分少々。
2011年12月4日に
Eastcote(イーストコート)という緑あふれる閑静な住宅街の町がクリスマス一色に染まります。

これは本当に嬉しい!
なぜならIanの夢のひとつが現実になったから。

イギリスで住まわせてもらったお家の持ち主であり、一緒に住んだひとであり、
かつ今回のEastcote Christmas Market & Fair を創めたひと、Ian。(↓)
c0138928_1531716.jpg

c0138928_1552967.jpg

c0138928_1565836.jpg

彼のリノベーションによる素敵なお家。
18世紀の雰囲気をそのままのこす古き良き雰囲気。
そこに共に生活するなかでいろんな話をした。

「クリスマスツリーを育てようと思って。」(Ian)

どうして?と聞くと

クリスマスにこの街(Eastocote)とみんなをハッピーにしたいから。」と。

そして2010年に・・・
街を挙げた一大クリスマスイベントを始めた。
Eastcote Christmas Market & Fair2010の模様
c0138928_2201945.jpg
Eastcote Christmasのロゴ。メインストリートの街路樹をすべてライトアップしたところから、こんな雰囲気。
c0138928_2234559.jpg

c0138928_234682.jpg
市長さんがサンタに扮したり
c0138928_281335.jpg
ステージを楽しむ子供たち

c0138928_1593447.jpg

街には大きな観覧車!これ道路だけど、大丈夫?(笑)

c0138928_293945.jpg
メインストリートはストール(お店)が立ち並んで

c0138928_225884.jpg
街が巨大な遊園地になったみたい♪

自分の街をとても大切に思っているIan。
自分の住んでいる街とそこに住まう人々も元気にしたい。」という
彼の純粋な思いの詰まったイベント。

イベントの運営費はすべて地域企業からの寄付金で賄うこととして、
スタッフはボランティアを募った。
地道に企業に足を運び、すこしづつすこしづつ小額づつでも・・・と寄付金を集めに回ったIan。
c0138928_234815.jpg
寄付をした企業の地元でのイメージアップにも一役買い、お互いにHappyとなる演出もさすが!(↑)
c0138928_2443113.jpg

Ianに「今年もおめでとう!偉業ね!」と言うと

「フェスティバルの日に子供たちが鼻歌歌いながら嬉しそうにストリートを歩いてく。
 その光景を見たら疲れも吹き飛んで、最高にしあわせなんだよー。」と。

Ianはこの行政区のヒーローとして表彰されました!

c0138928_240999.jpg
彼が立ち上げたEastcote Festival Team
スローガンは
"Having fun, helping people"
一生賛同していきまーす。


________________________________
Eastcote Christmas Market & Fair 2011

日時: Sunday 4th December, from 9am – 8pm
   (2011年12月4日土曜日 9時~夜8時)

アクセス:Tube station "Baker street駅"より
     Metropolitan Line(メトロポリタンライン=紫色の線) にて約27分
     Eastcote駅下車。

    改札を出ると目の前がEastcoteのメインストリートです。
    このメインストリート全体が会場となります。

詳細HPはこちら→http://www.eastcotefestival.co.uk/
☆イベント詳細
☆ストール参加の予約
☆寄付金の献金・・・等さまざまな情報が見れます

by adorable_mk | 2011-11-28 03:11 | 素敵なひと

Like jewel box

蓋を開けると・・・
c0138928_2046227.jpg

きれいに詰められた日本の至宝みたいに。

丁寧かつ美味しすぎる、うつくしい玉手箱のようなお寿司。
食べても食べてもネタがどんどん出てきます。神業!
吉野寿司さん@松見坂。
by adorable_mk | 2011-11-27 20:49 | 味わう

にほんの技 -菊一文殊四郎包永- Kikuichi Cutlery

c0138928_20111725.jpg
いつかはほしいもの。其の一。
奈良・若草山麓に本店があります。
c0138928_20151919.jpg
"菊一文殊四郎包永(きくいちもんじゅしろうかねなが)"

鎌倉時代から刀剣の匠として銘を受け・・・
とのことなので、武士の"刀"を作られていたのかな?と思ったりしましたが違いましたー。
皇室慶事の献上刀を作っていたそう!
c0138928_20175695.jpg
常に職人さんのいる店内。
さーてこちらのお店何のお店でしょうか?
そうですこちらです!
c0138928_20355546.jpg


包丁。

どれも芸術品のように凛とした輝きを湛えて。
最近お魚を一匹さばく機会が多いのですが・・・日本の繊細なお魚はいい包丁があれば百人力な気がするこのごろです。いつかはこれでさばいてみたいー。

お料理好きな方への贈り物にも素敵かと。

菊一文殊四郎包永(きくいちもんじゅしろうかねなが)本店
〒630-8211 奈良市雑司町488
TEL:0742-26-2211 FAX:0742-22-0261
営業時間:8:00~17:00
定休日 :なし


[English virsion]
Kikuichi Cutlery http://kikuichi.net/

The Kikuichi has a long and distinguished history. Although we have been producing superior cutlery for more than a hundred years, the origin of our company lies some seven hundred years ago. For most of our history, we manufactured Samurai swords that bore the Emperor's Chrysanthemum symbol as a mark of their excellence. Today, our ancestor's swords are considered national treasures in Japan.

Our tradition of sword making begun so long ago it is something that the Kikuichi is proud to carry on in the high standard of craftsmanship we apply to the cutlery we produce today.
by adorable_mk | 2011-11-27 20:41 | 藝術

はじめまして♪外資PRの経験を活かし、現在フリーランス。Branding, PR, Designを中心に活動させて頂く。神楽坂在住。出逢えた素敵な場所、ひと、もの、想い。などなどを綴ります