ブログトップ

Life is "Gold dust"!

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おいしいお刺身とか夜オチャとか -神楽坂エリア-

おいしいお刺身がたくさん食べたいー!っていうときありません?
私の家族はみんな鮮魚だーいすき。
自宅近辺ですごいお刺身をだしてくれる場所があります。
c0138928_0572711.jpg
それがこちらのお店。どちらかというと飯田橋駅からのほうが近いです。
c0138928_0584899.jpg
奥が大トロ、手前が赤身、その先が鰹。3種盛り合わせの図ー。奥の大トロ・・・分厚くて、油たっぷりで美味~。銀むつの煮詰けも最高!

お刺身でお腹がいっぱいになったあとは・・・やっぱり甘いもの♪
神楽坂はこじんまりとした老舗の甘味処がたくさんあります。甘味なら"紀の善"さんや"花"さんがイチオシですが、夜遅くはやっていない&席数も少なめ。
この日は5人だったので、こういう時は遅くまでやっている&席が広い"神楽坂 茶寮"さんへ。
c0138928_141294.jpg

ここ"神楽坂 茶寮"さんが神楽坂に新規参入されてから4-5年でしょうか。
甘味は他の老舗店と比べてしまうと、いたって普通~ですがテーブルが広いので資料広げて打ち合わせとかの際にお邪魔するお店。

■Memo■
"神楽坂 茶寮"
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-9
【電話番号】03-3266-0880
【営業時間】 月~土11:30~23:00(L.O.22:00)
        日・祝 11:30~22:00(L.O.21:00)
by adorable_mk | 2010-08-26 01:16 | 味わう

地球がまるくみえる場所 -御前崎灯台-

御前崎のシンボル、御前崎灯台にあがると180度の大パノラマが広がって。
c0138928_1923919.jpg

"地球がまるくみえるん台"と名づけられているとおり、写真だとうまく伝わりませんが本当に180度水平線が見渡せて、水平線が半球状を描いているのがわかります。絶景~。
by adorable_mk | 2010-08-23 19:06 | 土地を知る

静岡の最南端で -御前崎-

深夜に東京を出発して車で5時間ほど。静岡の御前崎(おまえざき)に到着。
c0138928_18115019.jpg
のぼり始めた朝日
c0138928_18141081.jpg
明るんでいく空
c0138928_18162459.jpg
どこまでもつづく波打ち際
c0138928_1818670.jpg
寄せては・・・かえしていく波。
c0138928_1819498.jpg
お日様がのぼってくれるから、わたしたちの1日があること。
お日様とお月様のお働きで、この地球の生命があること。
ひろーい宇宙のなかで唯一生命が生きていけるほし、地球がずっと続いていけるように。
ここに生かされているわたしたちは、地球をたいせつにしなきゃですね。

マイケル・ジャクソンが「This is it」のツアーを通して世界の人に伝えようとしていたこと。
「地球が危機にある。今動かないと間に合わない!だれかがやってくれる・・・ではなく、ひとりひとりが動き出そう!」と、期間を(2009年からの)4年と決めて地球を本気で救おうと考え、訴えつづけていました。ひとりひとりが実行したいですね。

ちなみに私は最近は身の回りのものを買わないように心がけています。
いまある地球の資源を有効活用できるように。ごみを出さないように。
お洋服もなるべくあるものをデザインしなおしたり、不要になった布を捨てないで、髪留め用のゴムを作ってみたり・・・。次にやってみたいのは牛乳パックを使って和紙をつくること♪
Creativityが必要とされるけど、たのしいですよ♪

みなさんも心がけている素敵なこと、あったらぜひ教えてください。

■Memo■Michael Jackson 「Earth song」(You tube動画/日本語訳付)
by adorable_mk | 2010-08-23 18:48 | 土地を知る

はじめてのシガー体験

c0138928_0421180.jpg先週久しぶりの友人達と大好きな場所=都ホテルBambooヘお食事に。このほの暗さと居心地最高のソファー& Jazzの生演奏。

この日は”エミリン”という珍しいチーズにも出会いました。日本酒の麹で発酵させたチーズとのこと。まるで酒盗のような薫りで面白い味わいでしたー。

キューバから取り寄せちゃうほど葉巻愛好家の友人につられて葉巻に初トライ。

イギリスでもNYでも良いバーにはGentlemanがいて葉巻を吸う姿が絵になるー。

葉巻は男性のものなのだろうけど秘かに一度挑戦してみたかったのです。 

First trialは"ROMEO Y JULIETA"の"CHURCHILLS"。あのチャーチル首相が愛したというもの。

c0138928_0465777.jpg
75分もかけて燻らせ薫りを味わうという葉巻・・・ゆっくり楽しむものだけあって、さらに時間の流れをゆったりと感じさせてくれるアイテムでした。ちょっとgentlemanの気分!(笑)
by adorable_mk | 2010-08-19 01:01 | 遊ぶ

おはなさんとやさしいことば

あなたにとって元気をくれるものは何ですか?

先週末、しえりちゃん(姪っ子:2歳)が来てくれましたー。
c0138928_0235989.jpg
花束を持っていて、だれに?と思っていると・・・わたしに歩み寄って・・・手渡してくれました。
足腰を故障中のわたしに「はやく げんきに なってねー」といってくれたあと・・・
c0138928_026765.jpg
ママちゃんと一緒にかいてくれたカードもくれました。

ありがとう! わたしにとっては人様のやさしい気持が一番の元気の源です♪
お花とカードはお部屋に飾って毎日眺めています。このカードをみていると、今にも走れそうな気持になりますー。Thank you!
by adorable_mk | 2010-08-19 00:33 | ことば

舞い降りてくる不思議

ここ数日間ある心友に逢いたくてあいたくて。

だけど無理な状況にあったので諦め、夜リビングのソファーに寝転んでDVDを観ていたら・・・
リビングのドアが開いて
c0138928_101388.jpg

・・・まさにその心友が突然訪ねてきてくれたのでした♪びっくりーー。

以心伝心だ!と思える瞬間って、嬉しすぎます。

不思議なことってあるんですよね。
遠くに居る大切なひとの気持ちが伝わってくる瞬間があったり。
4年も逢えていないひとに逢いたいーと思っていると翌日に会えることになったり。
こころは伝わるんだなー。みんなつながっているんだな♪とっても嬉しい夜でした。感謝。
by adorable_mk | 2010-08-09 01:10 | 彩る

和洋折衷の日本美 -万平ホテル軽井沢-


”万平ホテル、その歴史は軽井沢の歴史。”
c0138928_447567.jpg

ここは軽井沢で初めて、西洋からの客人のために作られたホテル。

二人の外国人によって軽井沢の避暑地としての歴史はスタートしたといわれています。

牧師A.C.ショーと東京大学教師のJ.M.ディクソンが軽井沢に訪れ日本旅館「亀屋」に宿泊したのは明治19年(1886年)のこと。

西洋に精通していない佐藤万平氏は知らない西洋料理を必死に作り、
英語も話せない中、懸命にもてなしたそうです。

そのおもてなしのこころが二人を感激させることに。

佐藤万平氏は二人に出会い軽井沢における外国人のための宿の未来を実感。代々続いた旅籠「亀屋」の改造を決め1894年(明治27年)に「万平ホテル」を開業。(初代万平となります。)

c0138928_4134429.jpg
柔らかな木漏れ日がさすロビーの一角
c0138928_4233389.jpg
まるで古きよき時代の晩餐会を思わせるメインダイニングルームは和洋折衷。
当時珍しかったステンドガラスで日本の風景を表現。
天井は格子天井。-神社仏閣建築の最上級の技をつかって-
こちらでは大切に磨かれたカラトリーでクラシックなフランス料理がいただけます。
c0138928_432565.jpg
メインダイニングの横にサンルームのようにつくられたこちらの空間。ここは中国料理「萬山楼」。
何をオーダーしても美味しいですー。特におすすめが「黒胡麻の坦々麺」!!
先日お邪魔した際に、ウェイターさんがお薦めくださったもの。坦々麺愛好家の私としては久々に出逢った仰天の美味しさ。華都飯店(東京都港区三田)と甲乙つけられない絶品です!!

同ホテル内の”カフェテラス”や”別館檜館「京料理 熊魚庵 たん熊 北店」も追ってご紹介します。お楽しみにー。
by adorable_mk | 2010-08-08 05:09 | 土地を知る

「ただいまー」と言いたくなる場所

毎年夏には軽井沢にお邪魔するようになって久しいです。

とにかく必ず訪れるのが、ここ「万平ホテル 軽井沢」。
2009年に創業115周年を迎えられ、今年2010年は創業116年ですね。
c0138928_1293968.jpg
数年前に家族で滞在させてもらってから更に魅了されて・・・今ではみんな大ファン!やさしい雰囲気がそこかしこに漂い、軽井沢に来たことを実感させてくれる・・・軽井沢の顔のような存在なのでは。つい「ただいま♪」といいたくなってしまいます。

今年は別荘だったので、お食事で、カフェ利用で・・・と足しげく毎日通いつめました♪
ホテルマンの斎藤さんに逢えるのも大きな楽しみのひとつ。(笑)
だっていつも本当にすてきな笑顔。姪っ子(2歳)もだいすきなお兄様です。

写真のアルプス館の設計は久米権九郎氏(日光金谷ホテル・河口湖ビューホテルを手がけた建築家)。よく"スイスの山小屋風"と雑誌などで書かれますが、実際は同氏が佐久地方の養蚕農家をイメージしたものだとか。

■Memo
万平ホテル 軽井沢
〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
Tel:0267-42-1234

by adorable_mk | 2010-08-04 01:42 | 土地を知る

お気に入りの小径 -万平通り@軽井沢-


軽井沢のメイン通り(軽井沢本通り)を左手に入りまーす。
c0138928_1561026.jpg
径の両サイドには文豪達が出てきそうな素敵な別荘がたくさん♪
c0138928_1502839.jpg

このみちの果てには何があると思いますか??? 
答えは次の記事でぜひ。
by adorable_mk | 2010-08-04 01:25 | 土地を知る

はじめまして♪外資PRの経験を活かし、現在フリーランス。Branding, PR, Designを中心に活動させて頂く。神楽坂在住。出逢えた素敵な場所、ひと、もの、想い。などなどを綴ります