ブログトップ

Life is "Gold dust"!

カテゴリ:味わう( 30 )

謹賀新年 平成28年正月

新年あけましておめでとうございます。
c0138928_19260324.jpg
本年も地球と皆様のご健康・ご多幸をお祈りいたします。

平成28年正月


c0138928_19292461.jpg
写真は丹精こめて作ったおせち料理。すこしづつ祖母・母に近づけるかな?
c0138928_19294213.jpg
c0138928_19293316.jpg
c0138928_19294753.jpg




by adorable_mk | 2016-01-14 19:35 | 味わう

日本のおすし

c0138928_21143237.jpg

江戸時代の御鮨は外の屋台で売られていたとか。
いまより大振りのサイズにて、海で取れたばかりの鮮魚をさっと食べれてお腹いっぱいになるものだったと聞きました。

何はともあれ、日本人なら大好きな御鮨。

ご近所のお鮨屋さんのカウンターに座って、
大将のお顔見ながら、心意気をいただける愉しみ。

今日、ひとりでちらし寿司を作ってみました。

お誕生日やお祝いのとき、我が家でもよく頂いていた"ちらし寿司"。

大きな飯台を洗い、日干し。
具になる油揚げ、にんじん、しいたけ、さやえんどうを細かく刻む。
三杯酢をつくる。

ひとりだと、
ご飯をお釜から飯台に移すのも、
炊き立てのご飯に御酢をまぶしつつ団扇で扇ぎつけるのも
とっても大変~。

奮闘の上、ようやく完成した"ちらし寿司"。

豪華な材料はひとつも使っていないのに、じんわりする美味しさでした。

晴れの日のお料理の"ちらし寿司"。

きっと日本人は
お料理にかけるこころと、
食材へのこの細やかな手間ひまをご馳走としたのですね。
by adorable_mk | 2012-06-22 21:25 | 味わう

こころづくしのお料理 -Il felice 佐藤シェフ-

c0138928_2383416.jpg

素材の味を活かした&シェフの心意気をたのしませていただけるお料理を
いつも出してくださる Il feliceの佐藤シェフ。

2ツ星イタリアンを渡り歩き、
新たなメニューの開発に余念のない、お優しい方。

どうやってお料理の着想を得るのですか?と伺うと、
"美術品をみたり、絵画をみると新しい料理が思い浮かぶんです。"とのこと。
おどろきです!!

そんなシェフに奈良で出逢ったすばらしいお野菜をぜひ一度ご賞味いただきたい~!と。

奈良・明日香村より地のお野菜たちを母が送ったらしく。
 
今宵、佐藤シェフより
感謝のお言葉とともに、こんなものが届きました。
c0138928_2393860.jpg

"奈良の季節の香りあふれる食材の持ち味をシンプルに活かしました。"とのお言葉。

こういう交流って嬉しいです。

佐藤シェフ、ありがとうございます♪
これからも美味しすぎるお料理、たのしみにしております♪

■Memo
Il felice -Salumeria e Vino
東京都文京区関口1-1-3 
プラザ飯田橋1F
Tel:03-6457-5741

by adorable_mk | 2012-05-29 23:18 | 味わう

くつろげるお城?! -Chateau Restaurant Joel Robuchon-


お腹がすき過ぎ、「おそばやさんいこう!」と云う3歳を
「お城でごはんだから、しばしお待ちをー。」となだめ・・・向かった先は
c0138928_18415747.jpg
恵比寿の「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」

c0138928_18471629.jpg
エントランス奥の生け込み。

この館には4つの形式のロブションがあり、
今日は最上階3階にある個室空間の"Joel Robuchon salon restaurant"ヘ。

salonと呼ばれるこの3階には全3室の完全個室が。
c0138928_18534310.jpg
この日は"Ermitage(エルミタージュ)"というお名前のお部屋。

メインテーブルの周囲には、4つのソファーが配されるゆったり空間。
同建物の素材も、室内の装飾も
すべて本国フランスのJoel Robuchonと同じものを採用(フランスより運んできた)とのお話。
c0138928_1935254.jpg
格のあるフレンチを子連れで頂くというのは難関ですが、
こちらは広さも十分かつ完全個室。

大人も子供も思い思いに寛げるのが何よりありがたく・・・みんな自由に(笑)

c0138928_19314344.jpg

フルコースは
モダンフレンチらしいお料理と
日本料理に影響を受けたと思われるお料理が交互に。
2品供されたデザートの食感にはこの日一番の驚きがありました。

わたし個人的には
お皿から室礼から・・・日本料理にもっとも感銘をうけてしまう人間なのですが、
こちらは"完全プライベートフレンチ"を満喫するには最高の場所だなーと思いました。


Chateau Restaurant Joel Robuchon
「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」
Address: Yebisu Garden Place 1-13-1, Mita, Meguro-ku, Tokyo,153-0062 Japan
This HP includes English virsion pages.

Main website of Joel robucheon : http://www.joel-robuchon.net/

by adorable_mk | 2012-01-17 19:56 | 味わう

Like jewel box

蓋を開けると・・・
c0138928_2046227.jpg

きれいに詰められた日本の至宝みたいに。

丁寧かつ美味しすぎる、うつくしい玉手箱のようなお寿司。
食べても食べてもネタがどんどん出てきます。神業!
吉野寿司さん@松見坂。
by adorable_mk | 2011-11-27 20:49 | 味わう

若草山の緑のテラスで -奈良-

c0138928_23311210.jpg
京都を好きになったのは大学生くらいから。以来、足繁く京都の神社仏閣を回っていました。
たいてい年に4回くらいは行ってます。

しかーし、ここ数年は奈良をじっくり巡るようになり。
奈良は日本創世記の中心地。卑弥呼のお墓があったり、神社も日本書紀に出てきちゃうような4世紀ごろの創建だったり。京都よりも深い古い歴史を持つ奈良。日本の根源的な場所。

景観も京都に比べると厳かで重みがあります。

そんな厳かな奈良にある意味似合わないほど美味しい仏料理を食べれる場所がここ。
最近のお気に入り。若草山を借景にテラスでお食事がいただけます♪
c0138928_23382946.jpg
室内のお席もあるのですが、いちばんのお気に入りはここ、テラスのコーナーのお席。

「もともと生殖していた大きな木を切らないで、木をメインに設計した」というテラス。
木からさがるランタンがまた雰囲気よしー。
c0138928_23415736.jpg
こちらは前菜。驚きに満ちた繊細な洗練されたお料理。

デザートは秋らしく。
渋皮栗のモンブラン風とカシスのビターなソルべ。甘み少ない完全渋めの大人風味デザート。
なのに・・・姪っ子=2歳のしーちゃんは・・・↓
c0138928_23472033.jpg
食べる食べる~。また自分の分を完食されそうになった妹は冷や汗。
by adorable_mk | 2010-11-14 23:55 | 味わう

至福のわらびもち -水谷茶屋 奈良-

ここ4~5年、目の前を何度も通り・・・ずっと行きたかったけれど車を止めるところが近くに無くて・・・立ち寄ることのできなかった茶屋さんへやっとの来店。
c0138928_20352164.jpg

「水谷(みずや)茶屋」さん。茅葺き屋根の佇まいが素敵。
春日山の裾野、春日大社のちかくにあります。

すぐ脇に川が流れて・・・
窓からは緑が楽しめる茅葺屋根の建物は大正初期のものを改装したのだそう。
歴史を感じさせてくれる茶屋さんです。

秋になるとこんな感じに。
c0138928_206254.jpg
東京から遊びに来てくれた藍ちゃん&しーちゃんと母とお邪魔しました。
この日は山菜うどん、茶そば、天ぷらうどん、そしてわらびもちを頂く。
美味しすぎて皆の分まで完食しそうな2歳のしーちゃん。。。なんで美味しいものが分かってしまうのか?
c0138928_20364318.jpg

わらびの根の澱粉に黒砂糖が丹念に練りこまれた昭和23年の創業から受け継がれているお味。
とっても美味しかったです。ご馳走さまでした。

■Memo■
春日野もみじの里 水谷茶屋 〒630-8212 奈良市春日野町30 Tel:0742-22-0627
by adorable_mk | 2010-11-14 20:41 | 味わう

おいしいお刺身とか夜オチャとか -神楽坂エリア-

おいしいお刺身がたくさん食べたいー!っていうときありません?
私の家族はみんな鮮魚だーいすき。
自宅近辺ですごいお刺身をだしてくれる場所があります。
c0138928_0572711.jpg
それがこちらのお店。どちらかというと飯田橋駅からのほうが近いです。
c0138928_0584899.jpg
奥が大トロ、手前が赤身、その先が鰹。3種盛り合わせの図ー。奥の大トロ・・・分厚くて、油たっぷりで美味~。銀むつの煮詰けも最高!

お刺身でお腹がいっぱいになったあとは・・・やっぱり甘いもの♪
神楽坂はこじんまりとした老舗の甘味処がたくさんあります。甘味なら"紀の善"さんや"花"さんがイチオシですが、夜遅くはやっていない&席数も少なめ。
この日は5人だったので、こういう時は遅くまでやっている&席が広い"神楽坂 茶寮"さんへ。
c0138928_141294.jpg

ここ"神楽坂 茶寮"さんが神楽坂に新規参入されてから4-5年でしょうか。
甘味は他の老舗店と比べてしまうと、いたって普通~ですがテーブルが広いので資料広げて打ち合わせとかの際にお邪魔するお店。

■Memo■
"神楽坂 茶寮"
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-9
【電話番号】03-3266-0880
【営業時間】 月~土11:30~23:00(L.O.22:00)
        日・祝 11:30~22:00(L.O.21:00)
by adorable_mk | 2010-08-26 01:16 | 味わう

賢い気分のお食事 -ルヴェ ソン ヴェール 駒場-

駒場東大の駅を降りると・・・学術の薫りが。ほどちかくにある東京大学・教養学部。
この門をくぐって・・いざ勉強!
c0138928_23182982.jpg
というわけではなく。お目当ては、キャンパス内にあるここ。
c0138928_23214121.jpg
ルヴェ ソン ヴェール 駒場。
c0138928_2338939.jpg
ひろーいテラス席で
c0138928_23404871.jpg
カジュアルフレンチ楽しめます。お天気のいい日は最高に気持ちいい!隠れ家スポット。

ルヴェ ソン ヴェール駒場
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
Tel:03-5790-5931

by adorable_mk | 2010-03-08 23:44 | 味わう

神楽坂で美味しい珈琲 -珈琲美学-

神楽坂で美味しい珈琲を飲みたいときはカフェ・ル・トゥールか、ここに来ます。
c0138928_21462565.jpg
珈琲美学は神楽坂に昔からある喫茶店で有名作家(松本清張さんなど)も多く訪れたとか。
珈琲の専門店です。私がすきなのは"フレンチ"。苦味のつよいもの
c0138928_21494237.jpg
壁や細工やランプなど、雰囲気が好き。
c0138928_21523458.jpg
いい味のカップで
c0138928_21532810.jpg
珈琲の種類が豊富です。

カフェ・ル・トゥール Tel:03-5261-0913
店内も広め。
珈琲もケーキもとっても美味しい!
女性が喜ぶ繊細で美しいカップ&ソーサーで出してくださいます。

珈琲美学   東京都新宿区神楽坂3-2 TEL:03-3268-6138
店内こじんまり。
珈琲の種類を選べる。
ここでは珈琲を楽しみケーキは別のお店で食べるのがオススメ。古めかしさが漂う純喫茶。
by adorable_mk | 2010-01-13 22:12 | 味わう

はじめまして♪外資PRの経験を活かし、現在フリーランス。Branding, PR, Designを中心に活動させて頂く。神楽坂在住。出逢えた素敵な場所、ひと、もの、想い。などなどを綴ります