人気ブログランキング |
ブログトップ

Life is "Gold dust"!

カテゴリ:きもの関連( 4 )

七五三とお宮参り -明治神宮-

c0138928_1122360.jpg
11月16日晴天の日、姪&甥の七五三とお宮参りにて。
c0138928_1131959.jpg
翌日にはブータン王国の国王と王妃も表敬参拝された明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社、明治神宮にて。
いつ訪れても息が深くなるような厳かな森の中ー。
c0138928_11441334.jpg
御祝い着を着て、かまわず走り回る3歳・・・。
c0138928_11454573.jpg
正絹の「白羽二重」御着物姿の甥っ子。

当日は着物姿の我が家が珍しいのか、
観光に詰め掛けていた外国人の方々にひたすら写真をお願いされ・・・
しまいには行列にーーー! 

キャー・・・と思いつつ日本のために!と・・・ひたすら協力の妹たち。↓
c0138928_11575529.jpg

考えてみたら、子供の成長を願っての儀式は海外には無いのかも。

もともとは、
三歳男児・女児の「髪置」(髪を伸ばし始める)、
五歳男児の「袴着」(袴をつける)、
七歳女児の「帯解」(付け帯を取り、帯を締める)、
・・・という儀式が、七五三詣として定着したものだそうです。

c0138928_1291384.jpg

それにしてもお目出度い嬉しい日でした。

この日のための
お宮参り男児用の「白羽二重」も、
三歳の御祝い着も、
・・・大変お世話になりっぱなしの日本橋高島屋さんでの一揃え。
そんなご縁もより一層この日を感慨深くしてくれます。

高島屋呉服部の源間さん・土屋さんのご縁にこころから感謝して。

c0138928_1236353.jpg
創業450年、京友禅の老舗「千總(ちそう)」さんの着物を自ら選んだ頼もしい三歳!
健やかに、彼女らしく、育ちますように。

明治神宮
〒151-8557 
東京都渋谷区代々木神園町1-1
電話:03-3379-5511(代表)

日本橋高島屋
〒103-8265
東京都中央区日本橋2丁目4番1号
電話(03) 3211-4111

京友禅「千總(ちそう」
本社〒604-8166
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80番地
by adorable_mk | 2011-12-12 12:52 | きもの関連

成人式の御振袖

2011年1月10日、成人式を迎えられたみなさま、心よりお祝い申し上げます!
c0138928_22221542.jpg
我が家も末の妹が本日成人式でしたので、家族でお祝いに出かけました。

成人式の会場となったホテルには個性豊かなお振袖姿の方々がいらして、
まるで沢山の花が咲いているようでした!
「みんなでお着物を着れば日本も明るくなるかも!?」と思うほど。

その後、椿山荘に移動して、家族でお祝い。
今日の椿山荘は成人式をお祝いにいらしたご家族でいっぱいでした。

そんな風景をみていて思ったこと。
"お振袖を着せてもらうということは、両親の子供を思う気持なのだなー。"と。

c0138928_22462832.jpg

お振袖を着るまでには長い過程が必要です。
着物の地や柄を選び、お仕立て、多数の小物をそろえること、半襟の刺繍は何がよいか?、
帯は? 簪は?お草履は?・・・と果てしなく続きます。

20歳のとき、わたしもお着物のことが何も分かりませんでした。
ただただ母が一生懸命に仕度をしてくれていました。

今日の妹のお支度のために、昨日も徹夜気味の母。

私がお振袖を着せていただくときも、いつも遅くまで半襟を縫い付けてくれたりしていた母。

今日改めて客観的に成人式の空気の中にいて
お振袖を着たお嬢さんより感慨深そうな多くのお母様方をたくさん拝見し、
お振袖を着せていただくことは、親の思いがあってこそ実現するものなのだなーと。

改めて母に感謝しました。

日本のお振袖はご先祖や両親の思いの結晶でもあるのですね、きっと。

【写真:日本橋高島屋「上品会」でのお振袖】
by adorable_mk | 2011-01-10 22:55 | きもの関連

池田重子コレクション「日本のおしゃれ展」&ご招待のお知らせ

着物コレクターとして有名な池田重子先生のコレクション、
第九回「日本のおしゃれ展」が~2011年01月17日(月)まで松屋銀座にて開催中です!
c0138928_1321568.jpg

c0138928_1331783.jpg

c0138928_1362991.jpg


池田重子先生のコレクションは芸術品のようです!

明治・大正・昭和初期に、すばらしき日本の技と感覚・素材・精神を集結して生み出されたお着物、半襟、帯、帯留めなどが披露される貴重な機会です。

日本人なら、そして日本女性なら必見の機会かと存じます。

新春を寿いで是非お出かけになりませんか?

このたび、池田重子先生と池田重子コレクション社長のご好意にて
ご招待券を頂戴しておりますのでご興味ある方はぜひ仰ってください。
(手元に無くなった時点で終了とさせて頂きます。ご容赦くださいませ。)
by adorable_mk | 2011-01-10 01:44 | きもの関連

三井家のきものと下絵展 -@文化学園服飾博物館-

三越の前身「越後屋」を京都で創業した三井家のきものの展覧会、行ってきました。
円山派の下絵がそのまま残された貴重な展示。

最も心惹かれたきものは、以下の打掛!
c0138928_1855333.jpg

綸子地 御簾に草花蝶文様 刺繍 鹿の子絞り 金砂子
[江戸時代後期~明治時代前期 南三井家旧蔵]

大胆に御簾と四季の草花が配されたもの。
なんだか箱根・富士屋ホテルのメインダイニングルームを彷彿とさせるなあ・・・♪

三井家のきものと下絵-円山派がもたらしたデザインの世界- ~12月19日まで
by adorable_mk | 2009-12-04 18:56 | きもの関連

はじめまして♪外資PRの経験を活かし、現在フリーランス。Branding, PR, Designを中心に活動させて頂く。神楽坂在住。出逢えた素敵な場所、ひと、もの、想い。などなどを綴ります