Life is "Gold dust"! はじめまして♪外資PRの経験を活かし、現在フリーランス。Branding, PR, Designを中心に活動させて頂く。神楽坂在住。出逢えた素敵な場所、ひと、もの、想い。などなどを綴ります

日本初クラシックカー美の競演 -Tokyo Concours D'Elegance-

東京ミッドタウンで10月26~27日の2日間行われた
-Tokyo Concours D'Elegance(東京コンコース・デレガンス)- に行って来ました。

c0138928_3274057.jpg


”日本初、クラシックカーの本格的な美の競演”を実現すべく、
情熱的な多数の個人オーナーの協力により、
歴史にも珍しいクラシックカー(1910年~70年代)総勢33台がミッドタウン芝生広場に一同に会し、その優美さを競い合う祭典。

またAudi、Mercedesなどのスポンサー会社により
アトリウム(室内)にてクラシックカー6台の展示が行われました
c0138928_3394171.jpg


生憎のお天気(台風)により、本日も芝生広場に展示された貴重な貴重なクラシックカーが雨に濡れてしまう事態に・・・・。

出展されたクラシックカーオーナーの皆様にはさぞお辛いお天気だったかと思います。
今回出展要請を受けたお知り合いのY氏(クラシックカーオーナー)は
”いままで一度も雨に濡らしたことがない・・・。”ということで、
心情穏やかではなかったと思います。。。唐沢寿明さんや境正章さんも出展されておりました。

c0138928_3381853.jpg


最終日の本日27日の夜19:30~
新国立美術館の3階にある「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」を貸し切り、
審査結果の発表をかねてFarewell Partyが開かれました。
日本全国から今回の出展に協力されたクラシックカーオーナーや海外からのゲストが招待された国際色溢れるパーティーでした。
c0138928_330366.jpg


c0138928_3313984.jpgc0138928_332268.jpg


「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」といえば、
1965年以来、三ツ星を維持し続けるポール・ボキューズ氏の味を受け継いだ、正統派フランス料理。こちらが初の海外進出店舗とのこと。 最近は予約が取りにくい?とか。

今回は”Tokyo Concours D'Elegance フルコース”が用意されました。
どのお料理も外れのない正統派なフレンチ。
美味しかったのは、●フレッシュサーモンのタルタル●フォアグラのソテーリゾット添え ペリグーソース。一緒に供されるフランスパンも程よく利いた塩味が美味しい。さらに最後のデザートは5種類のベリーがふんだんにあしらわれ、メレンゲの上にヴァニラビーンズたっぷりのアイスクリーム。コーヒーもエスプレッソに近いようなビターテイスト。全部好みのお味でした。

閉館後の美術館内でもようされたParty。
なんだか映画『ダヴィンチコード』のような気分になれましたよ。
c0138928_3324335.jpg


c0138928_3331127.jpg


Party終了後の22:00頃、
やっと雨もあがり、オーナーの方々とともにクラシックカーを置いてある芝生会場へ。

雨露にぬれながらも、素晴らしいデザイン、歴史を感じさせてくれるクラシックカーの数々。
古き良き時代に作られたオリジナリティー溢れる表情。あー、ずっと見ていたい。
c0138928_3483783.jpg


時を経て現代まで受け継がれた、作り手の想い。それを愛する人々たちの思い。
やはり心のこもったものは、強い魅力と輝きを放つのだと改めて実感した今夜。

人の心がこもったものは、その作り手の”心”がいつまでも生き続けて、
心のこもり度合いの強さゆえに、人をの心に訴えかけ、愛され続けていくのだろうな。
モノを受け継ぐ。心を受け継ぐ。

大興奮の夜となりました。
[PR]
by adorable_mk | 2007-10-28 00:00 | 最新ニュース・トレンド