Life is "Gold dust"! はじめまして♪外資PRの経験を活かし、現在フリーランス。Branding, PR, Designを中心に活動させて頂く。神楽坂在住。出逢えた素敵な場所、ひと、もの、想い。などなどを綴ります

京都の迎賓館 -東山の麓にたたずむ”長楽館”へ-

c0138928_2251219.jpgなんだかヨーロッパに来たみたいでしょ??フフフ。

実はここは京都。祇園にある八坂神社の裏手、東山のふもとの光景なのです~。

2009年お正月にお世話になった”長楽館”のエントランスです。

c0138928_2531520.jpg長楽館は1909年(明治42年)完成ですから、2009年に100周年を迎える建物!!ミレニアムですねっ!明治の煙草王 村井吉兵衛の別邸跡で、当時は英国の殿下、日本の貴人たちなど国内外の賓客をもてなす迎賓館でした。

現在は↑の建物=本館の横に新館が建てられ、レストラン、ホテルの機能を兼ね備えています。

中に入ると・・・
c0138928_3114216.jpg
                       ↑暗がりの重厚なアプローチ
c0138928_2424416.jpg

                ↑1階のウェイティングルーム
c0138928_246978.jpg

             ↑お二階のシガールーム(テラスもあります)

c0138928_333893.jpgアメリカ人宣教師ガーディナーによって建てられたこの館にはルイ15・16世時代の重厚なインテリアを中心に日本の骨董や、アジアの歴史文化財も多々配置されています。

雰囲気は瀟洒な社交場そのもの。
建物および内容、そこに集う人々が”近代日本の象徴的存在”といわれていたそう!うーん、うなずける~。
昔の人々が集い、優雅な社交のときを過ごす談笑が聞こえて来そうなほど。


レストラン LE CHENEではフレンチがいただけます。(→写真右下)

c0138928_385684.jpgc0138928_3161240.jpg←パティシエさんお勧めの一品も芸術品さながらで美しく♪

京都にいながらにして、ビクトリア調をずっしり楽しんだ滞在でした。

長楽館は祇園の八坂神社から徒歩1~2分ほどの場所にあります。
桜で有名な円山公園の中に位置し、向かいには東山を望める絶景にあります。
八坂神社近くは賑わいをみせていますが、一歩裏に入ると驚くほどひっそりしていて、ほとんど人は歩いておらず・・・・。絶好のロケーションでした!次は枝垂桜の咲く春がお勧めらしいです♪

●Memo
長楽館〒605-0071 京都市東山区八坂鳥居前東入円山町604
TEL:075-561-0001

ご縁ばなし
c0138928_3501246.jpg昨年、京都の呉服名店”に志田”さんより
「秋の明光展」のご招待状が届きました。→

そこには会場となる長楽館の「御成の間(写真↓)」のお写真とともに・・・
会場は100年の歴史を誇る長楽館”と記載されておりました。

まだ”長楽館”を全く存じ上げないのにも関わらず、強く惹かれ、行きたいー!!と。

しかし参加できず・・・。

そのまま時は過ぎ、”長楽館”の名前さえ忘れ。
しかーし、あのとき強く惹かれた気持ちは残ったまま・・・・。


c0138928_3512381.jpg今年のお正月、その日は嵯峨野巡りを目的としていました。

But、私が着物なんて着付けているから出発が遅れ、嵯峨野に到着したころにはすべてのお店が閉まるわ、大好きな御茶屋さんも休み。。。

気合を入れて訪ねただけに、ガッカリ。。。。。泣きそうに脱力していた私があまりにも可哀相過ぎたらしく・・・・
相方が八坂神社に連れて行ってくれました。

お参りをすませて、なんとなく裏の道へ。
歩いていたら、素敵な洋館がちらっと見え・・・・・・・、あれはどこぞや~???と。

c0138928_3524935.jpg誰も歩いていない緑の多い道を歩いていたら・・・・・・

立派な洋館が登場したのでした!

あービックリ!日本からヨーロッパへどこでもドアで飛んだかな?!?!みたいな。


初めは”こちらで何か食べよう!”ということで訪ねたのですが、
いただいているうちに・・・・
”あれれれれ、ここはもしや??? ずっとあこがれていた あのご招待状の場所だ!”
ということが判明。

あー、偶然の力ってすごい!
強く思うと叶う!!
これ本当だと思います!

八坂神社に連れて行ってくれた相方にも感謝。
長楽館と出逢わせてもらったことに大感謝&不思議な力を感じました。

人生って自分が普通にしていても、
ご縁がある場所やひととは意図せずとも逢えるようにお計らいくださっているみたい!!!
これからも佳きご縁をいただけるように心がけていこう!と思った感動の体験でした。

[PR]
by adorable_mk | 2009-01-28 04:22 | 歴史 -建物-