Life is "Gold dust"! はじめまして♪外資PRの経験を活かし、現在フリーランス。Branding, PR, Designを中心に活動させて頂く。神楽坂在住。出逢えた素敵な場所、ひと、もの、想い。などなどを綴ります

和洋折衷の日本美 -万平ホテル軽井沢-


”万平ホテル、その歴史は軽井沢の歴史。”
c0138928_447567.jpg

ここは軽井沢で初めて、西洋からの客人のために作られたホテル。

二人の外国人によって軽井沢の避暑地としての歴史はスタートしたといわれています。

牧師A.C.ショーと東京大学教師のJ.M.ディクソンが軽井沢に訪れ日本旅館「亀屋」に宿泊したのは明治19年(1886年)のこと。

西洋に精通していない佐藤万平氏は知らない西洋料理を必死に作り、
英語も話せない中、懸命にもてなしたそうです。

そのおもてなしのこころが二人を感激させることに。

佐藤万平氏は二人に出会い軽井沢における外国人のための宿の未来を実感。代々続いた旅籠「亀屋」の改造を決め1894年(明治27年)に「万平ホテル」を開業。(初代万平となります。)

c0138928_4134429.jpg
柔らかな木漏れ日がさすロビーの一角
c0138928_4233389.jpg
まるで古きよき時代の晩餐会を思わせるメインダイニングルームは和洋折衷。
当時珍しかったステンドガラスで日本の風景を表現。
天井は格子天井。-神社仏閣建築の最上級の技をつかって-
こちらでは大切に磨かれたカラトリーでクラシックなフランス料理がいただけます。
c0138928_432565.jpg
メインダイニングの横にサンルームのようにつくられたこちらの空間。ここは中国料理「萬山楼」。
何をオーダーしても美味しいですー。特におすすめが「黒胡麻の坦々麺」!!
先日お邪魔した際に、ウェイターさんがお薦めくださったもの。坦々麺愛好家の私としては久々に出逢った仰天の美味しさ。華都飯店(東京都港区三田)と甲乙つけられない絶品です!!

同ホテル内の”カフェテラス”や”別館檜館「京料理 熊魚庵 たん熊 北店」も追ってご紹介します。お楽しみにー。
[PR]
by adorable_mk | 2010-08-08 05:09 | 土地を知る